生ぬるポイズン入浴中
日々思ったこと。つれづれ日記やニュース、映画、テレビ番組について。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
2005年06月01日 (水) 17:56 | 編集
シャア好きとしては、やはりDVDを待つのではなく、行かねばならぬということで、行ってきました。
ちなみに私はファーストとZと逆襲のシャアしかガンダムシリーズは見てません。

これは3部作の1部。
2部(恋人達)は10月、3部は来年の2月に公開らしい。

Zガンダムかファーストガンダムを1度見た人はついていけると思うけど、どっちも見て無い人が見ても、面白くはないと思う(おい)。
50話・・・1話20分と考えて、1000分(16時間ちょい)もある話を3部合わせて4時間半にしようとしてるので、詰め詰めなのだ。
1部90分ちょい。
で、良いとこどりというか、大事なとこ?取りしてるので、話の半分以上は戦闘シーン(笑)。
常にクライマックスみたいな騒々しさを感じたなぁ。
まぁ、原作でも戦闘シーン多かったから、こんなもんなんだろうけど…。
若者向きで、男性向けなんだろうな。
(元々そういうアニメだけど)

劇場内の観客層は・・・まず、客が少ない!
1日(映画の日)だったので、1000円だとゆーのに、220人入る会場に4、50人しかいなかったような(汗)。
で、当たり前だけど、男が多い。
年齢層は10代、20代が多くて、でも何故かおっさんも数人入ってて。
女の子も7人くらいいたかなぁ。
隣がおっさんだったんだけど、上演中2回、首の体操をし始めて(1回3分くらい)…1人で来てたみたいだけど、正直「なんでこの人来てるんだろ?」と思ってしまった…。

1部はアムロとシャアの再会まで。
GACKTで始まり、GACKTで終わった…(笑)。
オープニングでメタモルフォーゼ(だっけか?)をガツンと流されて、エンディングでも「君なんたら」という曲を聞かされて(笑)。
私はGACKTが好きだから苦じゃなかったけど、抵抗ある人はあるんだろーなーと思って、何故かドキドキしました。
でも、テーマソング(オープニング)は歌詞なんか特に、Zガンダムの世界をバッチリカバーしてるので、いいと思う。

DVDを待たなかった理由の1つとして、最後がTV版と違うらしいから。
TV版では、カミーユ(主人公/クレジットではシャアがトップだけど主人公はカミーユだろう)が狂乱して終わった、救いの無い話だったけど、映画では最後を変えると言うのだ。
戦争モノでハッピーエンドはありえないけど(両親、フォウを始め、死ぬ人はちゃんと死ぬ訳だし)主人公が救われるという点でハッピーエンドになるっぽいというので、映画館で早く見たいなーと思ったのだ。

そして、新たに描き直した(書き足した)部分も見たいなーと。
TVで使ったのが2/3、描き下ろしが1/3と聞いてたけど、確かにそんな割合だったかな?
人物よりマシーンを中心に描き直したんじゃ?とも思ったけど(笑)。
マシーンは…と言うか、シャア(クワトロ大尉)以外はぶっちゃけどーでも良かったんだけど…TVで使ったセル画と描き下ろしの絵柄が違うのがちょっと気になったといえば、気になった。
TV版の、直した方がいいとこが直してなかったのは何故…!?
細かいとこなんだけど、カミーユやレコアさんの瞳の中の光(白)を片方塗り忘れてたりしてる妙な顔がそのまま使われてたけど(笑)。
映画にするなら直せばいいのにな~と思いつつ。
いや、寧ろ、全部描きなおしたらいいのに、とか…。
制作費が足りないんだろうけど、もったいないなーとか思って。
いやー、TV版の酷い作画を使ってるのを見ると…。
(ほんとに酷いとこは酷い!)

ただ、描き直されたとこは、非常に綺麗でした。
特にシャア。
ありえないくらい美男子になってて、目の保養でした。
シャアだけじゃなく、ジュリド・メサも(この人はTVでも良かったけど)かっちょよくなってましたね。
シャアに関しては下睫毛のボリュームが50%増量って感じだったな(笑)。
ブライトさんも微妙に格好よくなってたな。
格好良くというか…TV版でアンバランスだった目の位置(左右対称じゃなかったもの)とかが補正されてたというかなんというか(全キャラ)。
丁寧に作ったんだなという感じ。
個人的にお鼻がどのキャラも美しい形になってたなぁ。

声は正直厳しかったかも(笑)。
女性人はレコアさん以外殆ど新しい人になってて、現在進行形で毎日Zガンダムの再放送を見ている者としては慣れるまで違和感があったけど、そんなことより、シャアとカミーユの声がさすが20年経っただけあって、声優さんも年を取ったっちゅーこともあり、老けたなぁ感が否めない!!
元々シャアはオジサン声(渋い声と申しましょか)だったから、「さらにお爺ちゃんになったな」位だったけど、カミーユは結構変わった気がする。
確かに声優さんが当時20そこそこだったら、今は40ですものね~。
そりゃあ声も老けるわな。

で、見ながら何を考えてたかというと、
「なんでシャアは人気があるんだろう」

声はオジちゃんだし、発する言葉も年寄りくさいし。
「ちぃっ」
「ええぃ」
「終わらんよ」
「だからいまだに嫁さんももらえん。」
「これが若さか・・・」
など…とても見た目がイケ面トレンディー?(笑)な、20代の台詞とは思えませぬよ。
画像が無かったら年齢不詳だ!

さらに、前後がよく分からない会話をしているし。
例えば、映画では別バージョンになって殴られることが無かったけど、カイの手紙より、クワトロ大尉がシャアだと知ったカミーユに「そんな大人、粛清してやる!」と殴られる場面。
激しく吹っ飛ばされながら「これが若さか…」と呟きながら涙を流すシャア。

意味が分からん(笑)。
台詞はまだしも、何故ここで涙?
(深く読み込めば理解できるんだろうけど、ミーハーファンの私にはイマイチ…)

とにかく、シャアの台詞は色んな意味で心に引っかかるものが多い。
それは「シャア語録」として沢山の人が取り上げてるし、本にもなってるので、公然なんだろう。
で、どういう結論に達したかというと…アンバランスな、不完全さを感じるキャラだから人気が高いんだろうと。

完璧なキャラより、掴み所の無い人間の方がある意味人間らしいし、ミステリアスだし、魅力的に見えるから。

まず、見た目は金髪碧眼で格好いいのに(血筋も王子で高貴だ)、中身が非常にジジ臭い。
声も、発言も、どことなく思考も。
噛み合わない会話感を感じる(天然?)。
行動が極端&無謀(逆襲の~の行動はアクシズがやろうとしてたことと同じような…)。
名前を4つも持っている。
ニュータイプだろうけど、どことなく中途半端。
過去の女をいつまでも引きずる男&ロリコン気味?
(シャア最後の台詞が「ララァ・スンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!」・・・結局母をずっと求めてたのですか?)
結局は目立ちたがり?
(ジオン・ダイクンの子とバレないように出生、名前まで偽装しているのに、身につけるものは赤、モビルスーツも赤。目立ちまくりですがな。終いにはZでは金ですよ!金!!)

シャアの外見を格好いいとか言うと、「女だから美形好きなんだろ~」とか言われそうだけど、しかし!
この男、シャアは、外見が悪かったら、ただの変な人ですよ。
外見が良いということが、人気者になり得たキーですよ!
外見がいいのに、ちょっと変な人だから、みんな心を奪われるんですよ~~~!!!
と、私は声を大にして言いたい。
(いまさら?)

シャア。
魅力的な人です。

肌が弱いからと、プールサイドのパラソルから出なかったシャア。
Zではしっかりノースリーブです。

「地球が持たん時が来ているのだ!」
そう言って地球にアクシズを落とそうとするシャア。
・・・自ら地球に終止符をうつつもりです。

「何故、ララァを巻き込んだんだ。ララァは戦いをする人ではなかった!」というアムロの激しい問いに対するシャアの返答。
「ちぃ!」

・・・答えになってねーよ!!!

素敵だ。
シャア。
摩訶不思議だ。
シャア。

いや、うっかりシャアについて長々と書いてしまったので、戻します。
映画です。

不満だったのは、やっぱり「これが若さか…」の台詞が無かったことかなぁ。
これは名(迷?)台詞だったから入れて欲しかった。

面白かったのは、レコアさんとシャアのやりとり。
ジョークでカミーユに「(シャアに)お尻を触られてたのよ」と言うと、すかさずカミーユに否定するシャア。
シャアがセクハラ?(笑)
(ジョークだけど)

一般向けの1つの映画として考えると、ストーリーは詰め詰めだし、絵は一致してないし過去の画像は粒子が見えて汚いし、★で表すことができないけど、ファンからして見たら
★★★★☆
かな?
2部ではシャアの出番が少なそうなので、シャア好きは1部で満喫しておいた方がいいかもしれない…?

あ、ちょっと思ったのは、最後のアムロとシャアの再会シーン。
妙な恋愛ドラマみたいな雰囲気だったと思うのは私だけ???
TVでもそうだったけど、輪をかけたように、キラッキラしてましたよ。
キラッキラ…(笑)。
スポンサーサイト
真矢の「よーこちゃん」
2005年06月01日 (水) 01:46 | 編集
やっぱ真矢おもろいなー。
でも、オーケンには適わないか…。

ヘビメタさんのゲストが真矢だったので。

さすが真矢、アイドルを嫁さんにしてるだけあるよ!
熊田さんに向かって「よーこちゃん」だもん(笑)。
今までゲストでこんな呼び方してた人いなかったデスよ!

TVで「SUGIZO」という単語を久しぶりに聞いた!!
まぁ、面白さを求めるなら、絶対真矢だけど、ヴィジュアル的にはSUGIZOにゲスト来てもらいたいな~。
しかし彼は入りはラットだったけど、そこから違う風に進んでるっぽいから無理なのか・・・?
いや、だったらYOUだっておかしいだろ!(笑)

来週はK1の武蔵らしい。
やっぱ格闘家は欠かせないのね。

どーでもいいけど、いつになったらマシンガンズがゲストで来るの!?
もうツアー終わってるんだからさァ…。
そろそろ見たいんですが(涙)。

ただ、マーティが常連ゲストになってるから、あんちゃんが出にくいのかな???
なんて余計なことを考えてしまったり。

あと、先週マーティのソロアルバム買ったですよ!!
92年に出たやつ。

感想:
マーティが演歌好きな理由が分かった

なんちゅーか、これ、日本人にとっては演歌のギターソロって感じで、私あんまり好きくない…。
演歌はいいけど、歌がないギターだけの演歌ってちょっと…。
外人には目新しくていいかもしれないけど、日本人は「今更・・・」とか思っちゃう気がしなくもない。
インストは嫌いじゃないし、マシンガンズに関しては「歌メロいらねーなぁ」と正直思う時もシバシバなんだけど、和風にするなら歌を乗せて欲しかった~。

ついでに。
オーケンは月1ゲストにして欲しい!
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。