生ぬるポイズン入浴中
日々思ったこと。つれづれ日記やニュース、映画、テレビ番組について。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:姑獲鳥の夏
2005年07月20日 (水) 23:13 | 編集
榎木津につられて行ってきました。京極堂。姑獲鳥の夏。

満員御礼だったけど、隣のおばさん途中で寝てたよ!!!
違う所からも寝息が聞こえてました・・・。

私は原作を読んでて、京極堂(というより、榎さん)のファンだったので、榎さんに助けられ何とか寝ずにすんだけど、正直寝てしまうんじゃないかと途中からずっと怖かったです・・・。

うーん、うーん、うーん…。
ファンが観たら、「あの中禅寺は私の想像してたのと違う」など不服な人もいるだろうし、イメージとは違ったけど楽しく観れた、という人もいると思う。
しかし、一般人(原作を知らない人)は、どうなんだろうなぁ。
結構陰陽師とか京極堂の長台詞とかあって、マニアック寄りだから、そこそこ楽しめる人と退屈な人と2つに別れるんじゃないかな~。
原作ファンの私の感想は
★★★☆☆
こんな感じ。
不自然なスポットライトが多用されてたのと、最後の方の画面フラッシュ(ぶつ切り画面をばばばばと切り貼りしてるの)が無ければ。
画面フラッシュはホントに気持ち悪くなったですよー。
でも、ファンなので★は3つ。

昨年キャスティングが発表された時、1番好きな榎さんが、自分のイメージと違って「えええ!!!」と不満だったのですが、阿部さんの榎さん、良かったです。
よく考えたら、阿部さんは元モデルで、背は高いし、顔の彫りは深いし、足長いし、阿部さん以上の俳優さんが他にいるかと考えたらいなくて。
寧ろ、木場さんが宮迫さんが声が高くてちょっと違和感あったな~。
もっと木場さんは声が低くて、熊みたいなおっさん系が良かった。
どうせお笑いなら、ぐっさんの方が合ってた気がする。
京極堂はもっと不健康そうな人が良かった気がするけど、堤真一さんで私は違和感なかったです。(好きだからかも)
関口は・・・原作の関口が苦手なので(おい)、何ともコメントしずらいのですが、あのウジウジ感が永瀬さんで醸し出せてたので合ってたのではないでしょうか。
いやー、原作通り、関口はウザかったですよ…。
(ファンの方すみません)

原作より京極堂の長台詞がカットされまくってたのが、良かったですね(笑)。
それでも堤さんは「演技の前に長台詞にうんざり」みたいな事を昨年言ってたけど。

とりあえず、演技賞はいしだあゆみさんでしょう!(笑)
叫び声とか、ちょっとイッちゃってる感がさすがでした。

話の進み方は・・・眠ってる人いたし、私も眠くなったので、あんまり良くはなかったのかも。
でも、他にどうしたらとか思い立たないので、あれで良かったのか…。

笑ったのは、原作者の京極夏彦さんが水木しげる役で出てきたこと。
ちょっとふくよかになってましたね(笑)。

今回で興行収入良かったらシリーズ化するんじゃないでしょうか。
観客の間口を広げるなら、もっとテンポアップした方がいいかもですねー。
次の魍魎の匣はサスペンス要素が強いので、今回より眠くはならないと思うけど。
榎さん好きとしてはシリーズ化して欲しいです(笑)。
阿部さん、もうちょっと髪の毛伸ばしてくれたら最高です!

1000円で観たけど、「返せ~」とは思わなかった程度に楽しめた映画でした。
田中麗奈ちゃんの敦っちゃん、かわいかったな~。
もうちょっと大人なイメージだったけど、かわいいからいいや~。

作品のあらすじは映画のHPがあるので、そちらでどうぞ~。

・・・小さい声でですが・・・なんかチープ感漂ってた気がするのは私だけでしょうか(汗)。
予算が無かったのかな?(笑)
スポンサーサイト
ヘビメタさん(あんちゃんとケンジロウ)
2005年07月20日 (水) 02:21 | 編集
ガックシ(凹)。

いや、一番凹んだのは番組の最後にも言ってたけど、ホントにあんちゃんだったか。

ダメダメじゃん!!(笑)

ツアー中ならまだイケたと思うけど、曲作り中だからか、
がんばればがんばるほど

空回ってた!?


ちなみにあんちゃんはポイズンの存在は知ってても、あの曲(Nothin' But A Good Time)は完璧知らなかったって。
(興味ないバンドだもん、絶対・・・)
ラウドネスは当てて欲しかったな~。

てゆーか、やっぱバンドのリーダーはサブポジションじゃダメなんですね。
あんちゃんがメタルの学校のコーナーもやれば良かったんだよー。
以前一人でTVで毎週30分ハードロック番組を仕切ってたんだからさぁ。
あー、でも隣にマーティがいちゃダメか…(がくっ)。

しかも、美空ひばりさんの「愛燦燦」と似てるリズムってことで、弾いたマシンガンズの「悪魔の化身」、こんな曲あったなんて知らなかったよ…(大凹み)。
(きっと最近の曲に違いない)

サングラスじゃなくて普通にメガネしてTVに出てたあんちゃんも珍しかったな・・・。
あ、でもネックの左右振りは、マーティよりあんちゃんの方が格好良かったです。
さすが元ヴィジュアル系属性(笑)。

あと、先週間違いを書いてしまった。
金髪で長髪だったのは、ルークさんじゃなくて、ケンジロウでした。
そして、あんちゃん、マーティ、ルークさんと並んで思ったのは、マーティを挟んで両隣、まるで双子のような顔ですが…!!!(笑)

似てる(笑)。

あんちゃんとルーク。
タッチのたっちゃんとかっちゃんを2人でやれる位、なんか似てる…(笑)。
顔をくしゃくしゃにして笑うとこなんて、ドッペルゲンガーみたいですよ!!(笑)

いかし、今日1番正直口から心臓が出る程ビビッたのは、鮎貝さんがあんちゃんに右手で握手を求めた時ですよ!!
理由は省きますが、びっくりした…。

いつもは「ゲストはいいから、マーティを映してくれ~」と思ってるんだけど、今日ばかりは「マーティはいいから、あんちゃんを映してくれぃ!」と思ってました(笑)。

あんちゃんがダメダメだったのは、マーティもルークも大先輩だったからでしょう。
でも、ルークさんはいい人そうだなぁ。

この年まで私がポイズンを知らなかったのは、あんちゃんがこのバンドを好きじゃなかったからだと思う…。
あの曲調にルックスで、1度見たら私が好きにならないはずは無いのに、知らなかったってことは、師匠が雑誌とか番組で話題にしなかったかだ(笑)。
TAIJIの口からもポイズンという単語を聞いたことないし。

番組はイマイチでしたが、あんちゃん、マーティ、ルークさんの競演が観れたので、そこは本当に良かった!

番組的には、あんちゃんよりケンジロウの方が色的に合ってたな(笑)。

てゆーか、最初(1回目)からマーティのポジションをあんちゃんにさせておけば良かったんだよーーーー!!!!
あ、だけどそれだとマーティの凄さ&面白さを知らないままだったし…。
うーん、難しい。

そして。
マーティの身長がすごい小さいということが判明。
あんちゃんより7~10センチくらい小さいってことはーーー余裕で170無いじゃないですかっ。
165センチくらいかも(汗)。

来週はMr.BIGのポール・ギルバート!!!
すげえ。
これは洋楽好きは絶対に絶対に見逃してはいかん!!!
メガデスとMr.BIGの競演ですよっっ。

余談ですが、ヘビメタさんHPにあんちゃんのよしえギターが『髑髏よしおスネーク』と書かれてましたが(笑)。
「よしお」じゃなくて、「よしえ」ですから!!(笑)
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。