生ぬるポイズン入浴中
日々思ったこと。つれづれ日記やニュース、映画、テレビ番組について。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24時間テレビ
2005年08月29日 (月) 12:47 | 編集
いやー、今年はすごい視聴率でしたね。


「24時間テレビ」平均視聴率、過去最高の19%
 日本テレビ系で27日から28日にかけて放送されたチャリティー番組「24時間テレビ28・愛は地球を救う」の平均視聴率が、19・0%(関東地区)と、1978年に同番組が始まってから最高の視聴率を記録したことが29日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 瞬間最高視聴率は、チャリティーマラソン走者の丸山和也弁護士がゴールした直後の41・8%(28日午後8時46分)。また、27日夜に放送されたスペシャルドラマ「小さな運転士 最後の夢」も26・6%と、24時間テレビのドラマでは最高の数字を記録した。

(2005年8月29日12時14分 読売新聞)


とのことです。
まぁ、毎回マラソンの最後は良かったけど、明らかにここまで良かったのは、SMAPと行列軍団のおかげでしょう(笑)。
仕事中や友達んちでも、ずっと日テレをつけてたので、「ながら見」してたんですが、別に内容は大して面白くはなかったし。
うーん、SMAPはともかく、行列軍団のパワーはスゴイ!!
そして、募金も3億集まったとか!
これもスゴイっすよ。

司会は香取くんと草くんの2人でしたが、この2人より、他の3人のおかげも大きいのかもしれないですね~。
キムタクが画面に写ってると大抵視聴率いいですし(笑)。

行列軍団もSMAPも、個人では(キムタク抜かし)大したことなくても、グループとして出てくるとグンと人を惹き付けるものが増幅するってことでしょうか。

しかし、丸山弁護士、私が見る中継では、常に歩いていました(笑)。
お疲れ様。

最後の北村弁護士の肩車は非常にドキドキしました!!!
感動というより、ビビる感じ(笑)。
スポンサーサイト
映画:感染
2005年08月22日 (月) 00:39 | 編集
邦画ホラー。2004年。佐藤浩市、高嶋政伸ほか。

怖い。

病院ものホラーだったけど、とにかく、夜中に一人で観るもんじゃない!!!!
実は今まで螺旋やリングなど、日本のホラーものを見る機会が無かったのですが、なに、これ。

マジで怖い。

先週富士急ハイランドの戦慄迷宮に行ってきたんだけど、この映画を観てからじゃなくて本当に良かった(T_T)。

すさんだ病院が舞台で、なんかそれだけで怖いのに、体が緑のドロドロに溶けていくウイルスとか出てきて、あまりにも怖すぎて途中で友達に電話しようかと思いました…。
てか、私の真後ろに先日亡くなった祖母の遺骨とかまだあったりして、泣きたくなったです…。

最後、精神的な話になったのでスカッとせず終わったのが残念。
しかし、思い切り怖かったので、ホラー映画としては
★★★★★ではないでしょうか。
さらに怖い思いをしたい人は、この映画を観て、すぐ富士急の戦慄迷宮へ行ってください。
同じ雰囲気の病院ものなので、200%増しの怖さを味わえると思います。

何が怖かったって、南果歩の婦長ですよ!!!!
ほんとに勘弁してください。・゚(´□`)゚・。
映画:ブラザーフッド
2005年08月21日 (日) 01:43 | 編集
韓流ツートップの話題の映画・・・だったらしい。
宣伝で知ってたけど、まさかここまで残虐シーンとかモザイク無しにバシバシ入ってる映画だとは思わなかったですよ。
ほんと、韓国版「プライベートライアン」でした。
プライベートライアンより、内臓べちゃ~、脳みそぐちゃ~は多かった気がするので、エグかったです。

ただ、動くチャン・ドンゴンとウォンビンを見たのは初めてだったので、「あぁ、これが四天王の2人なのね」と勉強になりました。
あとはイ・ビョンホンがどんな人か分かれば世間の話題についていけるかも・・・?(笑)

兄弟の絆の、最後はちょっとホロりと来る戦争もの。
兄ちゃんがチャン・ドンゴンで、弟がウォンビンなんだけど、鋼の錬金術師と同じで(比べるな)、兄ちゃんばっか活躍しちゃって、弟が少しかわいそうだった。。。
別に好きで後から生まれてきた訳じゃないのに、ずっと守られる側というのも、男ゆえに辛かろう。

WOWOWの冊子によると「"兄が心配"なウォンビン」「"弟第一!"の兄チャン・ドンゴン」
まさに、それ!って感じ(笑)。

朝鮮系の友人が何人かいるけど、確かに兄弟(家族)の絆は日本と比べられない程深いですねぇ。
アメリカみたく、写真館で撮った家族全員集合の写真とかを誇らしげに飾ってたり。

まぁ、小学生は見ない方がいいでしょう。(夢に見そうだし)
ただ、戦場の悲惨さがよく出てるので、プライベートライアンか、ブラザーフッド、どっちかは1度は見てみるのもいいかもです。

映画じゃないけど、一昨日までNHKの夜中やってた5回連続のアウシュビッツ番組も、相当エグい映像がありました。
それで使われてたのは全部本物なので、やっぱ断然映画より見てるのが辛かった…。

8月は戦争作品が多いですね。

で、話戻して、ブラザーフッド。
作品的に・・・★★★★☆かな?
プライベートライアンより、私は泣けた。
ちゃんと話になってたし。
★5つじゃないのは、無駄に暴力シーンが多かったと思ったから。
まぁ、戦争の悲惨さを出すなら、あれくらいしないといけないのかもしれないけど、違う角度で訴えることもできたような気もしなくもないので。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。