生ぬるポイズン入浴中
日々思ったこと。つれづれ日記やニュース、映画、テレビ番組について。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:ブラザー・ベア
2005年11月26日 (土) 03:49 | 編集
録画してたのを見ました。
もちろん日本語吹き替えで!

ディズニーアニメは、いつも主要人物は有名な芸能人がやるので、今回は誰なんだろう?と思って見てたんだけど、森光子さんはすぐわかったけど、主役(男)がまったく分からず終わった。
違和感なく見れたので、結構上手いじゃん、と思って最後のテロップを待ってたら・・・なんと主役は

東山紀之さんでしたよ!!!

ちょーーーびっくりして、思わずもう1度飛ばし飛ばしだけど見ちゃった・・・。

森光子さんとヒガシのタッグアニメだったのですね(笑)。

内容は・・・最後泣けました。
あらすじは想像つくのに、何故泣ける!ディズニーアニメ。

というか、ディズニーアニメで今まで「ちょっとな~」とか思うものがなく、見れば毎回楽しいってこれはスゴイ。
ほんとに計算しつくされて作り上げてるんですね~。

ブラザー・ベアは名前通り、熊の話です。
テーマは兄弟愛。
人間の兄弟と、熊の兄弟。
と、言っても、熊の方は人間兄弟の末っ子が熊に変えられた姿なのでアレですが・・・。
ファインティング・ニモの方が画面は綺麗だったけど、このブラザー・・・の方が内容がある感じ。
泣けたのも良かった。

絵がダメな人もいそうだけど、見て5分で慣れるので、時間も1時間15分くらいと短いしあっという間に終わるから、是非見てみたらどうだろう。
有意義な1時間15分を過ごせると思う。
次男が格好いいです。(好みです)
ヨーロッパ的な格好よさでなく、モンゴル系(インディアン系)なんだけど、可哀相で母性本能をくすぐられました。

三男が熊を殺そうとして反対にやられそうになり、かばった長男が熊に殺される形になる→三男が復讐として熊を殺す→精霊?になった長男がその間違いを正そうと、三男を熊に変える→三男は熊に殺されたと勘違いした次男が人生をかけて熊を殺す旅をする。

その命を狙われている熊が三男だと気づかず、命かけて次男が挑んでくるんですよ。
でも熊になった三男は言葉が伝わらない!
で、熊の三男と一緒に旅をすることになった小熊は、実は三男が殺した熊の子供だったいう悲しい関係の話。
でもおもしろおかしく物語は進むんだけど、最後に三男が選んだ道が涙を誘いましたよ。

ほんと面白かった。
★★★★☆かな?5つでもいいくらいなんだけど。
スポンサーサイト
映画:Zガンダム第2部 『恋人たち』
2005年11月23日 (水) 23:04 | 編集



行ってきました。Zガンダム2部!
シャア目的なので、今回はちょっと出番少なくて満足度低めでした…。
アムロファンは結構満足できたのかもしれないけど、どうだろう。
そして、ポスター煽りの「キスの記憶・・・」らしく、チューチューばっか目だっていた(笑)。

てか、TV版だともっと時間空いてるから気にならないけど、今回も13話分を90分にまとめてるので、フォウとカミーユがチューした後、10分後位にフォウが死んでまでカミーユを宇宙に還してあげたのに、カミーユは何もなかったようにファとまたチューしてた…(笑)。
アムロとベルトーチカを「傷の舐めあい」と称してたカミーユだけど、おまえは何だ!って感じで(笑)。

しかし、新しい絵と古い絵のギャップは何とかならんのですかね。
1つのシーンでどっちも使うのはちょっと…。
特にフォウの顔が違いすぎです。丸くなってんじゃん!!
昔のはどっちかっつーと逆三角形な輪郭だったけど、新しいのでは丸。
目もなんかね~。
サラは昔のよりかわいくなってたけど。

1部は最初からだから、初めての人でもまだ何とかついていけるかもしれんが、今回は真ん中。
TV版を100%全部見た人でないと絶対ダメですね~。
前回も圧縮しすぎてついていくのがやっとでしたが、今回は全部観てても追いつけてるのかつけてないのか分からん程、ずーーーーっとジェットコースターに乗ってる感じで(笑)。
戦いかチューか、位の勢い。

チューの回数は90分で4回。
アムロとベルトーチカ、カミーユとフォウ、カミーユとファ、クワトロ(シャア)とレコアさん。
クワトロとレコアさんのが1番時間的には濃厚でしたが、1番冷めたチューでした。
レコアさんが可哀想なり。
てゆーか、クワトロはチューに何も感じてないんだろうな~。
頼めば誰とでもするんじゃねーかと。
握手程度としか絶対思ってない!

印象的だったのは、最後のハマーンの迫力。
今まで「様」をつけて呼ぶとか感覚なかったけど、今回は

「出たー!ハマーン様!!!」

と心の中で叫んでました。
あと、サラの棒読み台詞…。
ちょっとアレは酷い。
声優じゃなくて池脇千鶴さんがやってたんだけど、「猫の恩返し」では気にならなかったのに、今回はあまりにも酷かった…。
やっぱ声優さんばっか使ってる映画では浮くんだなぁ。
相変わらずシャアはとても27とか28には思えないおじいちゃん声で(笑)、素敵でした。
池田さん、いくつなのか知らないけど(50はとっくに過ぎてそう)、愛人になってみたい!
耳元で「ララァ○○はかしこいな」とか囁かれたら完璧に腰がくだけるに違いない。

そう言えば、こないだサクラヤホビー館に行った時、映画公開記念限定のマークⅡだかZガンダムだかが売ってて、本気で買いそうになった。
本当に金色の百式もあって、レジまで持って並んだんだけど、細かい作業が苦手なのに、こんなん作れるはずがないと、泣く泣く戻しました。
まさかプラモが欲しくなる日が来るとは_| ̄|○
あー、でも誰か作れる人に作ってもらえばいいんだよなぁ。
・・・次にホビー館を訪れた際には買ってしまう予感。
欲しいのは、マークⅡと百式。
ZガンダムよりマークⅡの方が落ち着いてて好きだ。
ガザCも色が派手で好きだけど…。
最近MS名をそらで言えるようになってしまった自分が怖い。
昔はMSにはまったく興味なかったんだけどなぁ。

映画に戻り、新しいシーンも結構あった!
個人的に楽しかったのは、クワトロ、ブライト、ヘンケン、ウォン・リーの会議中でのやりとり。
ブライトが、会議中こっそりPCで家族写真?を見てるようなキャラだというのがっっ。
ヘンケンのエマに対する愛もTV版より沢山出てて微笑ましかった。
シャアは何気に「ボケキャラ」なのが美味しい。
誰もいないのに、呟いていたり。

えー、一般向けにだと★はどう考えてもつけられません。
わけがわからんので、一般向けにはゼロです。
が、ファン向けには不満もあるけど、「金返せ~!」とは思えなかったので、TV全部見た人に限り★★★★★ということで。
次で最後。
TV版とどう最後が違うのか、今から楽しみ!!!
シャアが沢山出てきますように・・・。

あ!あと、劇場に人が沢山いて驚いた!
正直自分1人だったらどうしようとか心配してたんだけど、2/3は埋まってたので、そんな心配は杞憂でした。
みんな好きなのね~。
乳母車つれたママもいたよ。相当見たかったんだな(笑)。
男女比は半々くらいだったかな~。
でも若干やはり男の方が多かったかも。
つーか、小学4年くらいの男の子が1人で見に来てたのには驚いた!
世代が違うにも程があるって感じで(笑)。
親がファンだったら親も来てるはずだけど、来てなかったので、アニマックスとかで見て好きになったのかなぁ。
思わず「シャアは格好よかろう?」と声かけたくなったけど、がまん、がまん。
Zでは子供にはやっぱカミーユが人気なんだろうな~。
だって、クワトロ大尉はおっさんに見えるもん…。弱いし…(げふっ)。
ドラマ:中間感想
2005年11月17日 (木) 05:28 | 編集
全てのドラマが中間地点に来てるので、感想をば。

まず、まさかここまで面白いドラマになるとはまったく予想してなかった「花より男子」。
すげー。先週ついに20%超えしましたね。
松嶋菜々子効果もあるんだろうけど。
彼女の松本くんへの足蹴りは素晴らしかった。
私もあの足に踏まれたかった!!!!(笑)
小さい時の松本くん(今から10年位前)は可愛かったけど、正直最近の彼は眉毛が濃くてあんまり好きじゃなかったけど、彼のキモっぷり(ファンの人すみません)に最近目覚めてきました。
心から「君以外の道明寺はありえないよ」と尊敬の眼差しすら覚えます。

さらに楽しみなのが、来週辺りの話から原作読んでないので、ストーリーを知らないのだ。
今までの回は知ってたんだけど。
なので全てが新鮮です!!

次に楽しみにしてるのは、野ブタ。をプロデュース!
これは大して中身はそこまでアレなんですが、ぶっちゃけキャラ萌えみたいな感じで。
山下くんのキャラが可愛いすぎる!!!!
キャラから中身の人が好きになるパターンかな。
彼の出たドラマは「かばちたれ」「ドラゴン桜」など見てきたけど、ここで初めて気になる人になった。
まぁ、そんなことより、原作書いた人が大学生ということに衝撃。
そして原作では野ブタは太った男の子だったんですね。
でもここは女の子にして正解だろーな。
華が無いので。

大奥と熟年離婚も相変わらず面白いです。
藤原紀香ねえさんがイき始めて今日の大奥は見逃せません。
美人の悪役はハマるからいい。

何気にうっかり見てしまってるのは、金曜夜中の「嬢王」。
キャバクラの女王を決める話(笑)。
毎回裸体が舞って目の保養です。
現役AV女優が出てるので、脱ぎっぷりが素晴らしい。

結局今期は5つのドラマを見てます。

あ、でも海外ドラマ入れると6つになるか。
海外(アメリカ)のでこないだ始まった「THE LOST」(遭難サスペンス)ですが、期待通り

ちょー面白い。

エミー賞取りまくって、100カ国以上で放送されてるらしいです。
AXN(ケーブルやスカパー入ってないと見れない)なのがもったいない!!!
こーゆーのをNHKは買わないといかんでしょ。
もう韓国モノは下火だと思うんだけどな~。

24と違った面白さ。
24は強大な敵が必要だけど、遭難モノはちょっと違うしねー。
訳のわからん生き物が出てきた時はびっくりしたけど。
WOWOWでSEX AND THE CITY、フレンズ、ジョーイが終わって寂しくなってた所だったので、余計嬉しい!
でもWOWOWでやって欲しかった…CMないから。
つーか、24もWOWOWが買い取って放送して欲しかった…。
映画:ファインディング・ニモ
2005年11月07日 (月) 15:07 | 編集
文句なしに★★★★★。

画面は綺麗だし、魚の動きはホンモノみたいだし、話もいい、何より

どのキャラも面白い!!!

いや、出てくるキャラが全部個性的でいいですなぁ。
人間界だと、例えばニモは片手が短く奇形、ニモのお父さんの相方は記憶を留めていられない病気、魚絶ちをしたサメはドラッグや酒依存を絶つために頑張ってる人とか、なんか完璧じゃないけどそのキャラを自然に受け止められるような構成というのが優しい感じで良かったなぁ。

「それを笑いにしちゃうか!」と(笑)。

めずらしく字幕で見たんだけど、これはおもろかったので、吹き替えでも見てみたいです。
吹き替えだとお父さんが木梨さんなんですよね~。
こっちもおもしろそう。てゆーか、演技大変だったと思う(笑)。

ディズニーの吹き替えで一番ぴったりだと思ったのは、トイ・ストーリー!
所ジョージさんと唐沢さんははまり役だった!

面白いと思ったら、モンスターズ・インクと同じとこが作ってたんですね。
面白くないわけがない。
ちなみにモンスターズ・インクは最後泣きました。

ニモは、レンタルしてでも1度は見てみたらどうかと友人に勧められる映画です。
とにかく、おもしろくて画面が美しいというのが最高。
ほんとあるシーンで笑い殺されるかと思った…。

オーストラリアの珊瑚礁が舞台でしたが、私の中では宮古島に変換して観てました。
同じ魚いっぱいいるしね。
映画:スティッチ、ホーンテッドマンション
2005年11月06日 (日) 22:32 | 編集
今日はWOWOWがディズニー映画三昧でした。
ファインディングニモは録画してて後で観るので、既に見たものをば。

スティッチ ザ・ムービー:
これはリロ&スティッチの続編映画。
とにかく「かわいい」。
スティッチもかわいいし、主役の女の子「リロ」もかわいい。
昔はディズニーには「お姫さま」を期待して観てたんですが、すでにお姫様に憧れる年代を過ぎてしまったので、最近はかわいい子供系に弱いのかもしれません。(子供いないけど)

舞台が南国ハワイというのも、それだけで癒されます。
やはり続編なので、第1弾を観てからの方がいいでしょうね~。
てゆーか、わざわざ観る映画でも無いっちゃ無いけど、
「やってたら観ても退屈しない」
そんな感じ。

★★★☆☆(一般的には)
個人的には好きなキャラクターなので星4つです。

ホーンテッドマンション:
これはディズニーランドのアトラクションを映画にしたもの。
パイレーツと同じ感じで。
でもパイレーツの方が全然面白いです。
ホーンテッドはエディ・マーフィが主演なので、彼の演技で嫌でも笑えます。
こっちはスティッチと違って、完全な「悪者」が存在して、最後はスカッとする感じ。
でも冒頭でエディが息子に「蜘蛛を殺せ!」としつこく迫った(教育してた)シーンはディズニーなのにいただけなかったな~。
蜘蛛は好きじゃないけど、動物ものも扱うディズニーなんだから、叩き潰すんではなく、逃がしてやるとかそういう風に表現してほしかった。
あと、衣装から18世紀、19世紀前半らしき時代に黒人の女性がいいとこのお嬢様って言うのも違和感を感じた。
まぁ、それは黒人を差別しないとかそんな大人の事情が入ってるんだろうけど。

最後、魔女?の顔が入っている水晶玉と、いつでも歌ってばかりいる3体の石像と共に行動しているエディ一家に心が温まりました(笑)。
やはりディズニーはどの作品も最後は安心できる作りになってて癒されます。

★★★☆☆

これもわざわざ観る必要もないけど、暇な時にでもって感じ。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。