生ぬるポイズン入浴中
日々思ったこと。つれづれ日記やニュース、映画、テレビ番組について。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真田十勇士(笹沢左保)
2005年05月30日 (月) 02:05 | 編集
WOWOWの新釈・眞田十勇士を楽しく見る為に、小説で先に読むことに。
銀英の時みたく、1作しかないというものではなく、何十の作者が真田十勇士の小説を書いてるので、選ぶのに苦労した…。
アニメのはどの小説設定が1番近いのかなーとか。

結局図書館にあって文庫になってるものにして、角川から出てる笹沢左保さんのにしたのだけど…アニメ設定と違ったっぽい!!

ただ、全然小説の方が今のところ面白いんですが(^^ゞ
キャラクターも出てくる度にちゃんと順を追って説明してくれるし。
なにより、時代小説って読みづらいイメージがあったので避けてきたんだけど、すんごい読みやすくて驚いた!!
これなら宮部みゆきさんの時代物も読めるかもな~。
(宮部さんが好きで殆ど読んでるんだけど、時代物は避けてきた)

アニメの眞田~は、はっきり言って分からん。
声優をたくさん1度に使って豪華さを出したいのかなんなのか、1度に出てくるキャラが多すぎてついていけないんですがっ。
小説は全5巻(銀英みたいに長いものかと思ったけどそうじゃなかった)で、まだ2巻目しか読んでないので、登場人物がイマイチ頭に入ってないから、わらわらおっさんばっか出てきてもわかんないんだよね~。
西洋ものと違って髪形とか肌の色とか目の色とかで見分けをつけることもできないし~。
そうそう。
おっさんばっか出てくるからさー…。
しかも日本の…(凹)。
あ、今は関が原の合戦だからだと思うけど。

小説は自分で好きなように想像できるからいいけど、アニメは与えられたものを受身で見ないといけないから、難しいな。
あと、Hシーンがアニメではないっぽい感じ?
小説では十勇士になるまで、三好兄弟は女さらって犯しまくってたけど、アニメじゃ「女性に対しては純情」とキャラ設定に書いてありましたよ!(笑)
まぁ、作品ごとにいろんなキャラ設定なので、他の小説ではそういう設定もあるのかも。

何が小説とアニメで1番違うかって、私が読んでる小説は、関が原の戦いから10年後に佐助が十勇士を探す旅に出て物語が始まるのに、アニメでは関が原の戦い時には何人かすでに揃ってるっぽいんだよなー。
三好兄弟はもう出てたし。

あと、この小説は霧隠才蔵のエロシーンが多い(笑)。
ロイエンタールっぽいなーと思った。
シェーンコップやポプランタイプではなさげ。
由利鎌之助はアニメではロシアの貴族の末裔ということで、金髪だけど、これはアニメだけの設定なのか?
小説では普通に日本人みたいですが(笑)。

正直アニメは脱落したい気持ちで一杯なんだけど、銀英スタッフを信じてとりあえず見続けようかと…。

しかし、日本人の名前って記憶できない…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。