生ぬるポイズン入浴中
日々思ったこと。つれづれ日記やニュース、映画、テレビ番組について。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:姑獲鳥の夏
2005年07月20日 (水) 23:13 | 編集
榎木津につられて行ってきました。京極堂。姑獲鳥の夏。

満員御礼だったけど、隣のおばさん途中で寝てたよ!!!
違う所からも寝息が聞こえてました・・・。

私は原作を読んでて、京極堂(というより、榎さん)のファンだったので、榎さんに助けられ何とか寝ずにすんだけど、正直寝てしまうんじゃないかと途中からずっと怖かったです・・・。

うーん、うーん、うーん…。
ファンが観たら、「あの中禅寺は私の想像してたのと違う」など不服な人もいるだろうし、イメージとは違ったけど楽しく観れた、という人もいると思う。
しかし、一般人(原作を知らない人)は、どうなんだろうなぁ。
結構陰陽師とか京極堂の長台詞とかあって、マニアック寄りだから、そこそこ楽しめる人と退屈な人と2つに別れるんじゃないかな~。
原作ファンの私の感想は
★★★☆☆
こんな感じ。
不自然なスポットライトが多用されてたのと、最後の方の画面フラッシュ(ぶつ切り画面をばばばばと切り貼りしてるの)が無ければ。
画面フラッシュはホントに気持ち悪くなったですよー。
でも、ファンなので★は3つ。

昨年キャスティングが発表された時、1番好きな榎さんが、自分のイメージと違って「えええ!!!」と不満だったのですが、阿部さんの榎さん、良かったです。
よく考えたら、阿部さんは元モデルで、背は高いし、顔の彫りは深いし、足長いし、阿部さん以上の俳優さんが他にいるかと考えたらいなくて。
寧ろ、木場さんが宮迫さんが声が高くてちょっと違和感あったな~。
もっと木場さんは声が低くて、熊みたいなおっさん系が良かった。
どうせお笑いなら、ぐっさんの方が合ってた気がする。
京極堂はもっと不健康そうな人が良かった気がするけど、堤真一さんで私は違和感なかったです。(好きだからかも)
関口は・・・原作の関口が苦手なので(おい)、何ともコメントしずらいのですが、あのウジウジ感が永瀬さんで醸し出せてたので合ってたのではないでしょうか。
いやー、原作通り、関口はウザかったですよ…。
(ファンの方すみません)

原作より京極堂の長台詞がカットされまくってたのが、良かったですね(笑)。
それでも堤さんは「演技の前に長台詞にうんざり」みたいな事を昨年言ってたけど。

とりあえず、演技賞はいしだあゆみさんでしょう!(笑)
叫び声とか、ちょっとイッちゃってる感がさすがでした。

話の進み方は・・・眠ってる人いたし、私も眠くなったので、あんまり良くはなかったのかも。
でも、他にどうしたらとか思い立たないので、あれで良かったのか…。

笑ったのは、原作者の京極夏彦さんが水木しげる役で出てきたこと。
ちょっとふくよかになってましたね(笑)。

今回で興行収入良かったらシリーズ化するんじゃないでしょうか。
観客の間口を広げるなら、もっとテンポアップした方がいいかもですねー。
次の魍魎の匣はサスペンス要素が強いので、今回より眠くはならないと思うけど。
榎さん好きとしてはシリーズ化して欲しいです(笑)。
阿部さん、もうちょっと髪の毛伸ばしてくれたら最高です!

1000円で観たけど、「返せ~」とは思わなかった程度に楽しめた映画でした。
田中麗奈ちゃんの敦っちゃん、かわいかったな~。
もうちょっと大人なイメージだったけど、かわいいからいいや~。

作品のあらすじは映画のHPがあるので、そちらでどうぞ~。

・・・小さい声でですが・・・なんかチープ感漂ってた気がするのは私だけでしょうか(汗)。
予算が無かったのかな?(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございました
はじめまして。
私もこの映画チープ感漂っていたと思います(小声)
どだい映画化が無理な作品なんですよね。
原作ファンの頭の中にはしっかりと脳内映像が出来上がっていますし。
原作知らない人には説明長過ぎだし・・・。
私ももう少しで爆睡するところでした~。
2005/07/21(木) 06:31 | URL | ミチ #0eCMEFRs[編集]
こちらこそ
コメントありがとうございます。
やはり、原作ファン向けなのでしょうかね~。
シリーズ化したら、今回以上に本がみんな分厚いので、どうなってしまうのか、そんなとこも心配だったり、楽しみだったりします(笑)。
なんでチープっぽく見えてしまったんでしょうね!?(原色ライトとか建物が模型っぽかったからかな/汗)
2005/07/21(木) 11:38 | URL | ace #-[編集]
TBありがとうございます
私もチープだなぁと感じました。
やはり照明効果が大きいんじゃないでしょうか。
あとは、間の持たせ方が下手でしたねー。
私も榎木津が一番好きなだけに、登場シーンやダットサンを捨てるシーンがなかったのが残念でした(笑
2005/07/22(金) 11:39 | URL | 紗月 #-[編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/05/20(日) 04:42 | | #[編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/05/25(金) 14:00 | | #[編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/10/04(木) 01:51 | | #[編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/10/06(土) 16:04 | | #[編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/10/07(日) 19:54 | | #[編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/10/08(月) 13:13 | | #[編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/10/24(水) 13:25 | | #[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 走らない堤真一には魅力がない! 目まぐるしく回転するカメラとサブリミナル効果のようなフラッシュ映像。そして、なぜか首を傾けたくなる斜めアングル。効果音にはウルトラマンで使われるような懐かしい電子音で脳髄を刺激してくる。昭和20年代の古き町並と室内小道具が
2005/07/21(木) 00:37 | ネタバレ映画館
2005年7月20日年末まであと164日『姑獲鳥の夏』UBUME NO NATSU#7(2005.7月から起算)大ベストセラー超絶ミステリー“京極堂”シリーズついに映画化!原作:直木賞作家・京極夏彦のベストセラーデビュー作2005年7月16日渋谷東急・全国松竹・東急系にて超拡大
2005/07/21(木) 06:22 | ★☆★風景写真blog★☆★Happy infectio...
映画「姑獲鳥の夏」 ★★☆☆☆ストーリー:昭和20年代の東京、夏。小説家の関口(永瀬正敏)が古本屋の店主・京極堂(堤真一)に「20か月もの間、子供を身ごもっている女性がいる」と相談を持ちかける。京極夏彦に凝っていた事があり、このシリーズは全て読んでいるので、
2005/07/21(木) 06:28 | ミチの雑記帳
眠い,欠伸が出る。 けれど面白い!
2005/07/21(木) 11:53 | Akira's VOICE
???????Ļβα??å??С????ä??礦??????????????????μ???§?????ä???????????α??????????????α?衢?Ф??Σ?餤 ????Ύ?????Τ???Ф??Ť??Ф????Ф?Ф??ä?????ФΤ?????????Τ?θ?θ???Τ?Τ?顢仡?Υ??????Ф??缺?Τ?礦θ??褦?Τ???ä??ü????Υ?????Τ???????
2005/07/21(木) 13:06 | ??
『姑獲鳥の夏』(2005 / 日本 / 実相寺昭雄) Text By 仙道 勇人 (ネタバレあり)  本作は言わずと知れた大人気ミステリ・京極堂シリーズの第一作である。それが刊行十年目にして遂に映画化された。かねてからファンの間で映像化が待ち望まれていた本シリーズだが、実はこれ
2005/07/21(木) 15:30 | I N T R O+blog
なんと、どういう訳か、この一ヶ月間に3本もの邦画をシアターで観ることなってしまった。これは、筆者に取っては大きな変革である。これに関しては、紛れもない「ブログ効果」である。このブログを始めて9ヶ月、映画専門になって7ヶ月になるが、ブロガーの方々の邦画に関する
2005/07/21(木) 17:45 | 利用価値のない日々の雑学
姑獲鳥の夏一言で言うならば、チープ。先週観た「戦国自衛隊1549」すら、あれだけのクオリティを出しながらもダメ出しされるほど観客の目は厳しいというのに。予算に差があるのだから、戦国自衛隊と比べてはいけないのはわかるが…日本の特撮技術はピンキリだと思い知らされ
2005/07/22(金) 11:51 | 風の坂道
「姑獲鳥の夏」かなり期待していただけに、物足りなさ、残念な作品に思えてしまう。監督、キャスト、和テイスト、世界観。好きな要素が揃っていながら、入り込めなかった。 昭和初期、怪しい世界観を求めていたが、奥行きのない平坦なモノだった。雑誌、チラシなど
2005/07/22(金) 12:08 | わたしの見た(モノ)
『姑獲鳥の夏』(2005 / 日本 / 実相寺昭雄) Text By 膳場 岳人  京極夏彦の『姑獲鳥の夏』を読んだときの衝撃は忘れられない。作品の大部を占めるのは、殺人場面や心理描写などではなく、民俗学、量子力学、心理学、哲学、宗教、といった夥しい「知」の薀蓄。妖怪マニア、陰
2005/07/23(土) 18:47 | I N T R O+blog
●姑獲鳥の夏 敗北です・・orz (←初めて使ってみたけどホントこんな気分) 最初の京極堂の長ゼリフに辟易し始め、画面がくるくる廻るに身を任せ、 ダチュラの幻惑作用にやられました。 原作は結構前に読みました。 かなり面白かったです。 でも、今ではもう結末も忘.
2005/07/24(日) 13:42 | おえかき上達への道
KAZZのこの映画の評価  キャストが凄いこの映画堤真一は、本当に上手い最高ですメイン?キャストを好きな順に並べると。。。堤真一、阿部寛、原田知世、松尾スズキ、宮迫博之、永瀬正敏、田中麗奈、いしだあゆみ かな?映像化は、不可能と言われた...
2005/07/24(日) 19:01 | (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
京極夏彦のデビュー作を満を持して映像化!京極作品はたいした冊数読んでないけれど、どれも面白かったし、ミステリ界の大御所!ということで非常に期待して劇場へゴー!何かイラスト色んな意味で、すげぇ怖いですね…スミマセンorz「姑獲鳥の夏」2005年...
2005/09/04(日) 21:31 | きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/
姑獲鳥の夏申し訳ございません。 中盤、寝てしまいました、、、最後の方は、しっかり見てしまったので、ストーリーはわかってしまいました、、、阿部寛 は好きなんだケド、堤真一 と 永瀬正敏 って、いまちなのよねぇ、、、ぁ、見た目が、ね、趣味じゃないのy...
2005/11/29(火) 15:51 | 猫姫じゃ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。