生ぬるポイズン入浴中
日々思ったこと。つれづれ日記やニュース、映画、テレビ番組について。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:ブラザーフッド
2005年08月21日 (日) 01:43 | 編集
韓流ツートップの話題の映画・・・だったらしい。
宣伝で知ってたけど、まさかここまで残虐シーンとかモザイク無しにバシバシ入ってる映画だとは思わなかったですよ。
ほんと、韓国版「プライベートライアン」でした。
プライベートライアンより、内臓べちゃ~、脳みそぐちゃ~は多かった気がするので、エグかったです。

ただ、動くチャン・ドンゴンとウォンビンを見たのは初めてだったので、「あぁ、これが四天王の2人なのね」と勉強になりました。
あとはイ・ビョンホンがどんな人か分かれば世間の話題についていけるかも・・・?(笑)

兄弟の絆の、最後はちょっとホロりと来る戦争もの。
兄ちゃんがチャン・ドンゴンで、弟がウォンビンなんだけど、鋼の錬金術師と同じで(比べるな)、兄ちゃんばっか活躍しちゃって、弟が少しかわいそうだった。。。
別に好きで後から生まれてきた訳じゃないのに、ずっと守られる側というのも、男ゆえに辛かろう。

WOWOWの冊子によると「"兄が心配"なウォンビン」「"弟第一!"の兄チャン・ドンゴン」
まさに、それ!って感じ(笑)。

朝鮮系の友人が何人かいるけど、確かに兄弟(家族)の絆は日本と比べられない程深いですねぇ。
アメリカみたく、写真館で撮った家族全員集合の写真とかを誇らしげに飾ってたり。

まぁ、小学生は見ない方がいいでしょう。(夢に見そうだし)
ただ、戦場の悲惨さがよく出てるので、プライベートライアンか、ブラザーフッド、どっちかは1度は見てみるのもいいかもです。

映画じゃないけど、一昨日までNHKの夜中やってた5回連続のアウシュビッツ番組も、相当エグい映像がありました。
それで使われてたのは全部本物なので、やっぱ断然映画より見てるのが辛かった…。

8月は戦争作品が多いですね。

で、話戻して、ブラザーフッド。
作品的に・・・★★★★☆かな?
プライベートライアンより、私は泣けた。
ちゃんと話になってたし。
★5つじゃないのは、無駄に暴力シーンが多かったと思ったから。
まぁ、戦争の悲惨さを出すなら、あれくらいしないといけないのかもしれないけど、違う角度で訴えることもできたような気もしなくもないので。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。