生ぬるポイズン入浴中
日々思ったこと。つれづれ日記やニュース、映画、テレビ番組について。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:モナリザ スマイル
2005年09月29日 (木) 19:14 | 編集
テレビつけたら(WOWOW)ジュリアロバーツが出てて、丁度始まるとこだったんでどんな映画かも知らず観ました。
面白かった!
観る気なく偶然観て、いい映画にぶち当たると嬉しいです。

時代は1954年頃。
戦後アメリカの古き良き時代の女を開拓していく教師の話。
女は教養や知識があっても、当たり前のように行き着く先は家庭・夫の良き妻しかないの?という問いかな。
伝統ある女子校の話で、そういうとこの興味も満足させてくれる内容でした。
ジャンル的にはウーマンリブものかな?

何が印象的ってベティが嫌な女(生徒)でねぇ。
キルスティン・ダンストがやってるんだけど、イジワルそうなとことか、ピッタリでしたね。
彼女はインタビュー ウィズ バンパイアの少女役で初めて知ったんだけど、全然私の好きなタイプの顔じゃなく(かわいくない)、なのに何故スパイダーマンの彼女役なんだとか、不思議な女優なんですが…。
まぁ、とにかく役はピッタリでした。
若さ故なのかなんなのか、笑ってしまう程の正確の悪さ。
まぁ、それは最後、彼女を取り巻く環境がそうさせた、と分かるんだけど、いや~、嫌な女でした(笑)。

ジュリア・ロバーツの存在感は大きいんだけど、この映画、かわいいと思える子が皆無と言っていいようなメンツなんで、他の子も気になりました。
「何故、こうも妙な顔の子ばっかなんだ」と(笑)。
特にニューヨークのユダヤ人、と言われた子!
18歳~20歳位の役だと思うんだけど、私以上に歳を取ってるように見えて仕方ない(笑)。
ちょーーーおばさんっぽい!!
キャスティングした人の心情を知りたいと、本気で思いました。
なのに、男に不自由しない役なんですよ!(笑)

あんまり男の人は観る機会のない映画っぽいけど、面白かったので観て欲しい感じ。
おもしろいというのは、別に笑えるとかそんなんじゃなく。
コメディーでもないです。
ちなみに最後、泣きました!!!
最後に泣かす映画ってやっぱ好きだな~(笑)。

最後のベティとN.Yのユダヤ女とのやり取りはほんと、涙ものでした。
最悪な性格のベティだけど、奥底の彼女の良さを知ってるから、みんな付き合ってやれるんだろうな。
そういう真の友情は素晴らしい。

★★★★★
星5こにしては、ちょっと物足りない内容な気もしなくもないけど、まぁ4つ半位かなぁ。
自分も女で女子校育ちだから、余計感銘を受けたのだと思う。
普通の人だったら4つ位なのかも?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。