生ぬるポイズン入浴中
日々思ったこと。つれづれ日記やニュース、映画、テレビ番組について。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラマ:大奥直前編
2005年10月13日 (木) 21:28 | 編集
さて、今日からついに大奥がまた始まる!
HPをチェックしたら、豪華絢爛。
http://www.fujitv.co.jp/oh-oku/index2.html

正直昨年の大奥は面白かったけど、一昨年のに比べるとイジメとか大奥の異常な風習とかがあまり出てなくて、「う~ん」という感じだった。
インパクトが弱かった。
キャストが後半地味だと感じたのも原因かもだけど。
高島礼子を途中退場(死亡)させてしまったのも痛かったかと。
というより、そもそも主演が地味だった。

今回、何が上手いかと言えば、藤原紀香さんをヒロインにしなかった点。
内山理名さんをトップに据えたのは、視聴率女王のイメージが崩されてないからだと思う。
藤原さんのドラマは最近視聴率が低迷してたので。
しかし、思うのは、内山さんだって、彼女個人が視聴率を持ってるとは思わない。
一昨年冬、同クール内でキムタク主演のGOODLUCK!!と大河の武蔵に出てた時、どっちも高視聴率だったので、「彼女の出るドラマは高視聴率」というイメージがついたような気がする。
でも、これはキムタクのドラマであったからで、キムタクドラマは昨年のSMAP全員が出てたクリスマスドラマを除けば、全部必ずヒットするんで、誰がヒロインでもはっきり言って視聴率にはそんなに影響な無い!
大河も、最初は必ず視聴率は高いワケで。

で、内山さん。「ファイアーボーイズ~め組の大吾~」も大コケはせず、まあまあな感じで、その後連続ドラマに出てないので「なんとなくイケるイメージ」がついているような。

そんなこんなで、今回藤原さんの事務所と恐らく色々確執はあったと思うけど、「紀香はもう視聴率持ってないじゃん。内山で行こう」みたいな雰囲気でヒロインになったのだと推測。

でも、直前スペシャル番組の映像を見る限り、どこをどう見ても、藤原さんの存在はどこの誰よりデカい!!!
顔がまぁ、派手な作りだからというのもあるけど、ヒロインを食っている(笑)。
名キャストというのは、必ずしも主役ではなかったりするので、そこを考えると、あえてサイドで良かったと思う。
サイドと言ってもクレジットは最後だから、気持ち的にダブル主演よ!なのかもしれないけど(笑)。
ちなみに、小池栄子さんを加えるとトリプルだけど、まぁ、事務所が何を言っても、さすがに小池さんを藤原さんと内山さん同列に「女優」として並べるのはどうかと思うので…。

ただ、小池さんのインパクトは、違った意味で藤原さんを越すかも。
眉毛をちゃんと描かない能面のようなメイクは大正解ですね!!

すげー恐ろしい(゚Д゚;)

当時、ほんとは結婚した女性は眉は剃って、歯もお歯黒にしてたはずなので、眉が無いのがリアルなんだけど、人間、眉が無い(薄い)といかに恐ろしい顔になるかがよく分かる(笑)。

で、楽しみなのが今回の殿様役の谷原章介さん。
彼のイメージは昨年「新選組!」の伊東さん役か、今年春の「恋におちたら」のボッチャン系。
さわやか系というか。
それが今回は沢山の女を手篭めにし、母に頭の上がらない、政策に関しても頼りない「ダメ男」っぽい役。
でも、とりあえず、大奥内の女が必死こいて寵愛を受けたがる対象なので、それなりに魅力がないと嘘っぽいドラマになってしまう。
そこら辺をどう演じるのかに期待大!

また、このドラマがいかに女性を意識したドラマかというと、女ばっかの中に出てくる男性陣。
田辺誠一さんが出るじゃないですか~。
甘いですね~。甘い臭いがしますね~(笑)。

そして、一昨年の大奥で株を上げた北村一輝さん。
ぶっちゃけ、彼を今回も将軍で使った方がドキドキ感が増える気がするのですが・・・。
まぁ、オイシイ役っぽいので、ここも期待。
何気に高岡早紀さんも出てるのも面白い。

さらにいいのが、主題歌が東京事変ってこと。
やっぱ大奥は女の世界だから女性ボーカルがあってると思う。
前回はサザンだったけど、間が抜けてたもん。

放送が楽しみだ~!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
め組の大吾『め組の大吾』(めぐみのだいご)は、消防士の活動をテーマにした『闘う人間』の物語。作者は曽田正人。1995年から1999年にかけて漫画雑誌『週刊少年サンデー』で連載された。連載時の正式タイトルは『め組の大吾 火事場のバカヤロー』。1999年夏に「おかげサマ
2007/07/30(月) 19:44 | あのドラマに夢中!
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。