生ぬるポイズン入浴中
日々思ったこと。つれづれ日記やニュース、映画、テレビ番組について。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:ブラザー・ベア
2005年11月26日 (土) 03:49 | 編集
録画してたのを見ました。
もちろん日本語吹き替えで!

ディズニーアニメは、いつも主要人物は有名な芸能人がやるので、今回は誰なんだろう?と思って見てたんだけど、森光子さんはすぐわかったけど、主役(男)がまったく分からず終わった。
違和感なく見れたので、結構上手いじゃん、と思って最後のテロップを待ってたら・・・なんと主役は

東山紀之さんでしたよ!!!

ちょーーーびっくりして、思わずもう1度飛ばし飛ばしだけど見ちゃった・・・。

森光子さんとヒガシのタッグアニメだったのですね(笑)。

内容は・・・最後泣けました。
あらすじは想像つくのに、何故泣ける!ディズニーアニメ。

というか、ディズニーアニメで今まで「ちょっとな~」とか思うものがなく、見れば毎回楽しいってこれはスゴイ。
ほんとに計算しつくされて作り上げてるんですね~。

ブラザー・ベアは名前通り、熊の話です。
テーマは兄弟愛。
人間の兄弟と、熊の兄弟。
と、言っても、熊の方は人間兄弟の末っ子が熊に変えられた姿なのでアレですが・・・。
ファインティング・ニモの方が画面は綺麗だったけど、このブラザー・・・の方が内容がある感じ。
泣けたのも良かった。

絵がダメな人もいそうだけど、見て5分で慣れるので、時間も1時間15分くらいと短いしあっという間に終わるから、是非見てみたらどうだろう。
有意義な1時間15分を過ごせると思う。
次男が格好いいです。(好みです)
ヨーロッパ的な格好よさでなく、モンゴル系(インディアン系)なんだけど、可哀相で母性本能をくすぐられました。

三男が熊を殺そうとして反対にやられそうになり、かばった長男が熊に殺される形になる→三男が復讐として熊を殺す→精霊?になった長男がその間違いを正そうと、三男を熊に変える→三男は熊に殺されたと勘違いした次男が人生をかけて熊を殺す旅をする。

その命を狙われている熊が三男だと気づかず、命かけて次男が挑んでくるんですよ。
でも熊になった三男は言葉が伝わらない!
で、熊の三男と一緒に旅をすることになった小熊は、実は三男が殺した熊の子供だったいう悲しい関係の話。
でもおもしろおかしく物語は進むんだけど、最後に三男が選んだ道が涙を誘いましたよ。

ほんと面白かった。
★★★★☆かな?5つでもいいくらいなんだけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。