生ぬるポイズン入浴中
日々思ったこと。つれづれ日記やニュース、映画、テレビ番組について。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:ホテル・ルワンダ
2006年02月15日 (水) 22:18 | 編集
恥ずかしい!

見終わって1番に思った感想。

この映画は虎ノ門で井筒監督が★満点をつけてて、コメントも何か「見ておかなきゃいけない映画っぽいな」と感じさせるものだったので、レディスデイということもあり見てきました。

が。

1000円というディスカウントで見たことが悔やまれました。
こんなこと思うのは初めてですよ・・・。
いつもは「1000円程度」か「定額でも」位ですが、これは
5000円でも見て良かった映画だった!
上映館は少ないし、期間も短いのが腹立たしいです。
有名配給会社や有名映画会社、有名俳優が出てないから世に出回らないみたいですが、ありえんです。
署名活動が無かったら日本では上映すら予定になかったそうな。
アカデミー賞候補だったというのに、なんつーことだ。
いや、それより、とにかく内容が良かった、というより、作りも良かったんだけど、「ルワンダ虐殺事件」がどんなものだったのかが知れたことが、また、人間の残虐性の恐ろしさを改めて知ったことが勉強になり胸に来て、後半はずっと涙してました。

100日間で100万という人間の大虐殺を、1994年というちょっと前のことなのに知らなかった自分が恥ずかしい。
当時学生だったのにも関わらず、そんな凄まじい大虐殺が起こっていた記憶がないのです。
でも、これは西側諸国(日本もアメリカというボスの下に属されてるのでこっち側)の政府の責任も大きかったと思います。
知らなかったとしても、「そんなのあったかも」程度でも、しょうがないような環境にいたんだと思う。
もちろんニュースで流れてたはずだから、聞き流してた自分がいたのは事実ですが、ルワンダというアフリカの小国に経済的価値は無いと判断して大虐殺をさせ続けさせた西側諸国って・・・。
そっち側にいた自分に恥じました。

衝撃を受けた所を紹介。

主人公が支配人(オーナーは西側の人達)であるホテルが舞台なのですが、このホテルは格式があり、偉い人達が泊まったりする高級ホテルです。
だから外国の記者達や外国からの旅行者、虐殺してる側の軍の幹部達が利用しているのです。
ホテル内は連邦軍が守ってて安全なんだけど、西側のマスコミが危険を冒して街中で行なわれていた虐殺を映像におさめてくるのです。
本当はホテル外は連邦軍の警護が付かないから出てはいけないのだけど。
その命を張った虐殺映像をニュースのトップで流せることになり、主人公は「これで世界中の人達がこの酷い現実を知って、軍を派遣して虐殺を止めてくれる」と喜ぶのだけど、その映像を撮ってきたマスコミ側の人間が主人公に首を振るんですよ。

「この映像を見ても『世の中には酷いこともあるのね』と画面を一瞥したら、すぐディナーを続ける」

と。
主人公は「そんなことはない!」と思ってるんだけど、実際は自分を振り返ってみてもその通りで。
そのシーンを見た時は主人公に感情移入してるから「そんな酷い人間・・・」と一瞬思ったけど、直後「自分がまさにそうじゃないか」と気づいて、そんな自分が恐ろしいというか、恥ずかしいというか、衝撃を受けました。

このルワンダ虐殺事件だけでなく、日本を含め世界では酷い事件やニュースが飛び交ってるけど、「他人事」として見てしまってる自分も多数の他の人達も、上っ面だけじゃなく、色々中を知らないといけないなぁと心から感じました。
でも、そういうことが多すぎていちいち入り込んでいられないというのも事実な訳で。
事件を起こす側の人間も、それを傍観してるだけの人間も、人間って・・・。
と、根本的なことを考えさせてくれる素晴らしい映画でした。

というか、こんないい映画を「商業的に利益にならなそうだから買わない」決断を下していた映画配給会社がまさに西側諸国の感覚ですよね。
署名活動してくださった方に感謝です。
そして買い取ってくれた配給会社にも。
まぁ、アカデミー賞候補になったので放映権が1億に上がったから手が出せなかったらしいですが・・・なんか利益だけど追っているこの社会が哀しいというか、まぁ儲けを出さねばならないのは仕方ないんだけど、色々考えさせてくれる1本でした。

このDVDが発売されたら中学校や高校は是非購入して生徒に見せて欲しいなぁ。
虐殺と言っても、プライベートライアンやブラザーフッドみたいな目を背けるような直接的な残虐シーンは無いので、そこも評価できる映画だと思います。
それを見せなくても「怖い!」と思わせる作りです。

とにかく、エンターテイメント、ストーリー、メッセージ、演技、音楽どれを取っても満点な映画です。
最後のエンドロールに流れる歌にも字幕がつくのだけど、これがまた泣けるのです。
最後まで泣かせてくれた映画でした。
是非みんなに見て欲しい映画だと大大大お勧めです。
寧ろ、見ないといけない映画だとも思いました。

主人公の演技ももちろんいいけど、奥さんの演技に脱帽。
あと、連邦軍のリーダー的存在の人にも惹かれたなぁ。
実際に戦場は彼のように自分の意思と政府の意思の狭間で苦悩している人達が沢山いるんですよね・・・。

★★★★★(文句なしの5つ星です)

確かにルワンダの「シンドラーのリスト」ですね。
シンドラーのリストも良かったけど、こっちの方が時間も2時間無いし見やすいんじゃないかな。
ちなみにフツ族とツチ族の紛争の話。
なんとなくこの単語を耳にしたら「昔聞いたことあるかも」と思ったけど・・・。完全に忘れ去ってました。寧ろ初めて聞いたような気もするし。

詳しい内容は公式HPへ。
http://www.hotelrwanda.jp/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も新宿で観たよ!!!
損どころか、観てくれって感じだよ。
もっとあーゆー映画をつくればいいんだよ!!
わたしも薦めるよ!!!
2006/03/18(土) 23:29 | URL | okappa/けいこ #sSHoJftA[編集]
お、見たんだ!
この映画は良かったよね~!
2回見たいと思ったもん。
最後の子供達の歌もちょー良かったよ。
是非学校でみんなに見せるべき映画だね。
2006/03/19(日) 04:00 | URL | ぱんちょ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。